あるく たべる ねる

  • 2013.04.10 Wednesday
  • 09:30




昨晩の一品

牡蠣としめじのクリームスープです



毎回 牡蠣を食する時

どうかあたりませんようにって心の中でしちゃいません (あ 私だけか

そんなことはおいといて...  簡単な作り方です

バターで小麦粉をまぶした牡蠣としめじに火を通して焦げ目をつけたら

コンソメスープで煮込み最後に生クリームを加えてすぐ火を止めます


調味料でいろいろ味付けせず具材もいたってシンプルにいただくのがだけど

ホウレン草などを加えて彩りよくしても良いかもね


なんでこのスープを作ったかと言うと

愛読書暮しの手帖冬号に載ってたからです



松浦弥太郎と聞いてピンときたそこのアナタ かなりの暮しの手帖愛読者ですよね

暮しの手帖社の取締役でありこの本の編集長でもある松浦さんの文章にはいつも癒されます

暮しの手帖はその昔、いやおお昔 さかのぼること65年前の昭和 

季刊誌「美しい暮しの手帖」として創刊されて以来名前を変えたのち

現在は隔月刊誌として親子の代を受け継いで長く愛されている雑誌ですが

私にとってはたいせつな生活の教科書みたいなものだ

当時の創立者は戦争中防空壕のなかで自分が見たい知りたいと思うことを本にすれば

戦争で学校も満足に行けなかった多くの女性たちに喜んでもらえるだろうと考えたそうです

また戦争への反省から一人ひとりが自分の暮らしを大切にすることを通じて

戦争のない平和な世の中にしたいとも考えていたようです

そんな思いが今でもまったく変わらず受け継がれているのは編集長の松浦弥太郎さんの

人柄にもあると「あたらしい あたりまえ。」を読みしみじみ思うのだ


ちなみに昨晩のスープは今朝にはチーズとパセリを加えてリゾットになりました 



翌朝の手間も省けて二度おいしい   すごくない





前置きが長すぎたけど  きょうの本題はです

トライアル先のお宅にて

初日からくつろぎ過ぎなこの仔犬  もちろんお腹はぽんぽこりん



か、かわえぇ

そしてどう見ても 脱力しすぎてるおっぴろげ (局部にエフェクト必要? )



そうです 里親さんの決まったはたちゃんですyay!

日の里親会に一番乗りでお越し下さり最後まではたけをキープし続けてくれた

ご家族のこのキュートな末っ子さんの妹になりました



当日写真を撮らせて下さり 犬の保護や里親を検討されている方へのメッセージになればと

ブログへの使用も快諾して下さいました

トライアル中のはたけのせセレブライフの詳細については

書きたいことが溢れすぎて熱くなってしまいそうなので barefootまでとんでくださいませ 

実ははたちゃんを預かりっ子とか動物とか思ってなくて

本当の自分の子供みたいに可愛がり過ぎていたかもしれん

近所の桜見物とかおとかなんでもないホームセンターに一緒に行く日常しかったなぁ

 色々あったけどスペシャルだったよね (写真に言ってる)



がウチに来た時は保護犬の存在を知ってもらうため

このコの得意なことを発揮して世の中に貢献させたいと考えた

セラピー犬になって働いてのように一度捨てられた犬でも雑種でも結構すごいでしょぅ

ブランド犬ではないけど人間の素晴らしいパートナーになるんだよって

動物としての犬の良さを知ってほしいと思いました

でもは知らない人を警戒する........... っつーことで預かりを始めました

どんな犬が来ても自分のテリトリーにんで迎えることは 

実は当たり前のことではなく無二の好きなだからできることだと思ったのです









とゆ〜ことで最後に恒例の家族写真を





パチリ



なんど見てもっちゃう......  ふたりのキメ顔

はたけはモモという素敵な名前をもらってアニマル・ハート・レスキューを卒業しました





そしてもうひとり卒業生がいます

心につっかえていた特別なコ 琥太郎です

正直なところ琥太郎に卒業する日は来ないと思っていた



これからも琥太郎のお母さんが書いたこの記事をときどき読み返していきたいとおもいます

リンクの許可いただきましたのでみなさんも是非読んでみてください


琥太郎おめでとう

これからはコタが遅くになって知ったそして人のしさをいっぱい感じて

救えなかった子たちのぶんもせいいっぱい生きてね


これまではたけと琥太郎を応援して下さったみなさま

ありがとうございました










スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 09:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    zoeちゃま~~、[暮らしの手帖]なんて…シブいわぁー!そして、ステキだわぁー!ワタシも今度、読んでみっかなー。牡蠣のリゾットおいしそ。しかし、はたちゃんの、あの無防備な御姿を見てーmomoちゃんがどんなに幸せいっぱいなのか!犬語を理解しました。(自分だけの幸せ)しか考えないニンゲンが多い中、ワンコ達の幸せの為に、泣いたり、笑ったりしているヒトを見てると、本当に感動します。きっと、大っきな幸せを自分の心に積んでるよー!
    • cherumama
    • 2013/04/11 9:51 PM
    暮らしの手帖!私も母の影響で好きなの〜! 
    今さらながらまた共通点をみつけてびっくり。でもよく考えたらとてもzoeっぽい。
    表紙を開いてすぐの始まりの言葉、いいよね。いつもすとんと胸に落ちてくる。

    そして牡蠣もおんなじ!あたりませんように!って願う。
    でもね、一昨日から昨日にかけて私たち夫婦、食あたりに苦しんでいたんだけど、原因は牛タンだったらしい〜(*_*;

    はたちゃんもこたちゃんもおめでとう(*^_^*)
    ふたりともいい方々に巡り会えて本当に本当によかったね。
    それぞれの家庭に結びつけたその過程にzoeがいたことは、これを読んでいる私たちはみんな忘れないよ。
    セラピー犬という存在を初めて知ったよ。あなたの考え方、行動力にはいつもハッとさせられます。ハナちゃんもまた本当に素敵なパートナーに出会った幸せものだね。

    • enko
    • 2013/04/12 1:10 AM
    cherumama

    暮しの手帖、渋いっすか?!笑
    骨董市に行くとかな〜り昔の暮しの手帖がプレミアついて売ってます!
    古すぎて絶対買いたいとは思えないけど...... ^^;
    でもそれほど歴史のある雑誌って価値があります!

    預かりは自分の心の隙間を埋めるためにやってます!!笑笑笑 ^o^
    • zoe
    • 2013/04/12 9:56 AM
    enko

    食あたり大丈夫?*o*
    以前も牛タン食べた話聞いたとこある気がする..仙台で☆
    日頃からいいモノ食してるなぁ〜^^ 
    私も牛タン大好きなんだけどあたることあるんだね...お大事に。。

    私もenkoが暮しの手帖読んでると知ってめちゃくちゃenkoらしいと思ったよー。
    何でもない料理のページとか暮らしのヒントとか言葉がいいよね。
    ひとつひとつ丁寧すぎて時々ムリだわ、って思うくらい真面目な雑誌だよね。笑
    時々松浦弥太郎さんのあとがきを読んで眠りにつくんだけど
    何度読んでもしんみりするよ。

    そして今朝facebookをひらいてまたビックリ!@o@)))
    おかげでたくさんのいいね!いただきました〜。いつもありがとう〜 ^^*
    預かりっ子たちがもらわれていった過程に私がいたこと、かぁ...
    犬たちはみんなすっかり忘れて幸せになって欲しいけどね♪
    ハナは私のセラピーをしてくれているので良いのカナと思ってマス。うふふふ
    • zoe
    • 2013/04/12 10:08 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM