いのちのばしょ。

  • 2011.10.23 Sunday
  • 19:56
 
久しぶりに楽しい女子会にお呼ばれして  今日は数年ぶりの二日酔いでした

こんなに素晴らしい秋晴れの日曜日を半日ぐだぐだに過ごし 自己嫌悪 

けれど、10代から80代まで入り交ざってのおしゃべり、楽しすぎました





そして午後の中途半端な時間に散歩していたら、町内会の粋な試みか  

ハロウィンコスチュームに身を包んだ近所の子供たちが     

trick-or-treatingをしながら、家々を回っていました

とってもとってもとってもかわいくて不審者のように話しかける、わ・た・し...

写真撮りたかったけど、画像も動画も個人情報と言われてしまう現代なのでさすがにね 












どんなに可愛かったかと言うと










雰囲気としては








こんな









 
写真はイメージです)

もう少しかわいいと思ってたけど...この顔にコスプレはきついね





くだらない前置きはこのくらいにして

夕方ひさしぶりにテレビを見て何とも言えない感動に包まれ涙しました

NHK「日野原重明 100歳  〜いのちのメッセージ〜」

自宅では認知症を患った奥様にいまでも愛情と尊敬を持って接し

一人取り残される恐怖と戦いながらも日々の診療も続けている日野原先生

それは100歳になっても、ベテラン医師になっても

神様のようにすべてを思い通りにはできない人生を葛藤の中で生きている人間らしい姿でした



小学校で講演した日野原先生が子供たちにこう問います

 いのちはどこにあると思いますか

ある生徒が心臓に手を当てて「ここ」と言います

先生はもう一度問います

 あなたたちは明日が見えますか。 昨日が見えますか。 見えないですね。 

 でも、今は見えます。 

 今この時間が見えるし、そして使うことができる、

 それがいのちです。

 いのちがあれば今のこの時間を使うことができる。

 できればその時間を人のためにも使ってください。




100歳になっても働き続ける理由は、そうする使命が自分にはあるからだそうです。


私が何度も読み返している2冊をご紹介します


わたしが経験した魂のストーリー キリスト教視聴覚センター(AVACO)出版
生きるのが楽しくなる15の習慣  講談社+a文庫 出版





スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 19:56
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    ハナちゃんの仮装、なかなか良いね〜。我が家も先日ハロウィンパーティーしました。子供たちが仮装して家の中に隠したお菓子を探したりしたよ。地域がら、まだまだお菓子をもらいに近所を回る週間はなく。

    zoeのオススメの本、私も読んでみたいわ。
    • BALBAL
    • 2011/10/23 10:56 PM
    日野原先生はどの面においても誰にも真似ができないね。
    先生にはあと10年は生きて欲しい、このままで。
    • maru
    • 2011/10/24 11:45 AM
    BALBAL

    おっくんたちの仮装見た〜い。
    子供のコスチューム姿かなり好きです。。
    ハロウィンてなんかわくわくするよね。
    • zoe
    • 2011/10/24 5:12 PM
    maru

    日野原先生は神様みたい〜って思っていたけど
    あの番組を見てとても家族を想い仕事で悩み人間らしかった。

    人間国宝だぁ〜
    • zoe
    • 2011/10/24 5:15 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM