Extremely Loud & Incredibly Close

  • 2012.02.19 Sunday
  • 22:18



           今年夫に初めてチョコをあげました

              

         
バレンタインは私にとってお歳暮と同じくらい関心の薄い行事で 

自慢じゃないが結婚してからはもっぱら食べる専門です 夫が頂いてくるオサレなチョコたちを...



普段チョコを封印している私なので 毎年バレンタインから一週間は

チョコを解禁できることを愉しみすらしています     うふふふふふ









週末 お日柄もよく 

我が家はいつものようにハナを連れて てくてくてくてくと歩いた



この白くてかわいらしい物体  ですが

家から10分ほど歩くと ここはどこ とツッコみたくなるくらいの田舎道があり

そこの民家で飼われているヤギです  老いた穏やかな子で見た感じペットのようです

ハナはこの子を見るといつもネコや鳥を見た時のように興奮せず 見つめています





そして公園で一人爆走

 


1時間半歩いた後とは思えないテンションで





その後 仲良し黒柴なっちゃんと


ベルちゃんと遊び


華麗なる和犬女子の会に参加して家路へ

2時間の散歩の後、爆睡するかと思いきや3時50分には夕食の催促へと続きます 



この瞳で私にプレッシャーを与え続けること50分    おい!















     

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を見て

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロを思い出していた

あの日、私は会社で朝の朝礼を終えパソコンにむかっていました

突然向いに座っている子が 『すぐ来てこれみて』 と呼ぶので

その子の席に行きほぼLIVEで一緒にあの映像を見ました

まさに飛行機がワールドトレードセンターに突っ込む瞬間でした



これは10歳のとき、9.11によって親友でありよき理解者である父親を亡くした

ひとりの少年の物語です

世界的ベストセラーとなっているジョナサン・サフラン・フォアの小説が

『リトル・ダンサー』のスティーブン・ダルドリー監督により映画化されました


少年は高いIQを持ちまたアスペルガー症候群と疑われ検査した経緯を持っているが

そのようなユニークな子だからこそ9.11で家族を失った現実を受け入れられず

自虐的な行動まで起こすほど心が壊れてしまったとは描かれていない


突然の悲劇が襲ってくるのが人生というものだがそれをどうやって乗り越え

前進するかが伝えられている 人は人によってしか癒されることはないということです


3.11からもうすぐ1年

このことも思い出させてくれる映画でした


単館系のような独特の世界観を持つ作品でもあります





  我が家の場合 

ものすごくヒマで、ありえないほど空腹な 犬か


『夕日 '64』  ぜひ。

  • 2012.01.30 Monday
  • 18:16



冬嫌いな私の密かな目標は 冷えを治して冬を愉しむ である

お散歩して、ぬくぬくのお部屋で趣味にいそしんで、積極的に健康法を実行して

ひとつひとつ丁寧にせいかつすること 

日本ならではの春夏秋冬をもっと好きになりたい



おしるこを作りました



お気に入りの器にいれて 冷えと貧血にも効きます





最近バッグつくりにハマっている  お気に入りのボウリングシャツをリメイクして









そんな超出不精な私でも、大好きな車と音楽さえあれば

フットワークも軽く羽が生えたようにお出かけしちゃいます  

今日は久しぶりにすぐ近くにあるお気に入りの骨董品のお店をのぞきに



素敵な帯用の反物の布やちりめんをクッションカバーに仕立てようと思い購入



私のデジカメでは色が鮮明に写せないけど  素晴らしい鮮やかな美しい紫である



テーブルランナーでもありかと思ったけど 

取りあえずお雛様の上にタペストリーとして飾ってみました

古いものをどうやって使うかというのも 自由でよし それも楽しみというものです








皆さんはもう見ましたか    日本中から愛される映画

ALWAYS 三丁目の夕日 '64  を  いよいよ3作目が大ヒット上映中 ですが



ずっしりじんわ 今回も素晴らしかったです

細かいことも難しいことも書きませんが  見てください

シンプルで熱くそしてあたたかい  この映画の私は大ファンです



Something Christmassy

  • 2011.12.25 Sunday
  • 22:11

どんな連休をすごしていますか

わが家のクリスマスの定番は 美味しいものを食べる これくらいかな 

でもこれははずせません



近くの気軽な洋食居酒屋さんでXmas dinnerをしてハナにプレゼントを買って家路に 




でも...   がーん 10分で破壊 

まぁ...いつものこと    気を取り直してこの寒い中ランへ行ってきましたよ





New Year's Eve をみた

大晦日のニューヨークを舞台に交差する8組の人々の物語

監督は『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャルで 

年末にふさわしく 豪華キャストで 年甲斐もなく海外セレブ大好きな私は楽しんだ 


デミ・ムーアの息子ほど歳の離れた元夫アシュトン・カッチャー

地味すぎて最初誰か分からなかったオバサン ミシェル・ファイファー

チョイ役の一瞬だけでてくるラッパーのコモン

すっかり成長しTOKIOの山口にしか見えなかったザック・エフロン  などなど

アレ? この人だれ  なんて言ってる間に

サラ・ジェシカ・パーカーの夫がチョイ役で出演させられていてしていて

勿論本人のSJPはシンデレラ役

最後のNG集と言う残念な演出もご愛嬌  ハッピーな気持ちになれました



すっかり疎くなった大好きな海外ゴシップを勉強した(あ、私がいちばんちゃらいのだ



看護師役のハル・ベリーに看病されていた患者ロバート・デ・ニーロが

大晦日にニューヨークの空で上がる輝かしいイルミネーションを見て亡くなった

その数分後同じく病院で生まれてくる赤ちゃんたちがいて、看護師が掛ける 

Welocome to the world! の言葉が好きです

みんなそういう風に祝福されて生まれてきたんだなぁ〜

シンプルだけど心にすぅっと入ってくる英語が持つパワーは

やはり日本語には絶対ないものである(勿論日本語だけが持つ繊細な良さもある)

というわけで、来年はで読みたい作品です

さんざんけなした風だったけど...... 笑   



見てよかった ってか、サントラまで欲しい



 

癒しのサロン、そして映画のお話

  • 2011.11.13 Sunday
  • 19:34

    じゃん!

夏に連れて行ってもらった、母の隠れ家的サロンをご紹介します





母のお友達が現在ご自身の生家に住んでいて、妹さんがこの家の一室で

洋裁教室を開いております 母が頂いたこのシャツもその妹さんの作品で

着物の生地を使用したものなんだそうです すごく斬新だと思いませんか

古い民家とはその言葉通り、田舎にポツンと建ってる昔ながらの日本家屋ですが

懐かしいものがそのまま生かされていて素敵です

私はお邪魔した瞬間から目の色ギラギ〜ラ  林家パー子のごとく写真パ〜チパチ

私にとってそこはお宝の詰まった素敵空間でした 

来夏、私も骨董市で金魚鉢買っちゃおうかな

着物でリメイク服...やってみたい

古い和だんす欲しい 大根干してたくあん作っちゃう

などなど、五感を刺激されっぱなし 

古いものを生かす暮らしは、新しいきらびやかなものより私にとって魅力があります

さらにこの洋裁教室の先生である妹さんは、無駄な個人的事情はいっさい聞かず

身の上話を聞いてくれ占いまでやってくださる 

母が入り浸るのもよく分かる 楽しすぎます、このお宅 






実は昨日見た『ツレがうつになりまして。』で宮崎あおいと堺雅人扮する夫婦が

良く似た日本家屋に住んでいて、このお宅を思い出しちゃいました

しかも売れない漫画家役の妻の方が、お暇な主婦タイムを無駄にダラダラ過ごし

近所の古美術屋さんの常連

とは言っても大して古くもなさそうな安いものばかり買っている

まるで私ではないか



ツレがうつ病と診断されたその日からやっと少しずつ大人になっていく妻

しかし見た目は常にダランとしていて髪もぐっちゃぐちゃ

そして二言目には ガンバらないぞ! とつぶやく


...す、すてきだ  


ガンバっているのにガンバっていると本人は思ってなくて

人に自分がガンバっていることを押し付けない

まさに私と真逆な 私が目指す女性像


お部屋きれい
ご飯おいしい
私ってすごい


って聞くの、もうやめよう...


ツレがうつじゃなくても、ツレがいなくても

この季節 見て損はない映画だと思います







EAT PRAY LOVE

  • 2011.07.16 Saturday
  • 11:57

             

               光り輝く視線の先は...

           

              大のお気に入りの  のtoy
           

            今までいくつこの子を百均で 大人買いしたことか 覚えていない

                          『く〜 
            

                いっちゃってます、このお顔 

                最近家のなかでのお気に入りが
                             
          
 

          お庭を悠然と闊歩する  をガン見している
 

  ハナはテリトリー意識が強く、に過剰反応してしまうため昼夜飽きもせずやってます
       
 

          お散歩中も 
        にゃんこに会うたびお祭り騒ぎ
  

   
   

   一軒一軒のお宅をクンクンしないと気が済まず住宅地を歩くとお散歩が進まない
   

  
   こんな親切なメッセージを貼ってくれるお宅もあります〜 
         

               ハナはいつかくらうであろうパンチ 

      
  





3連休、みなさんは何をして過ごしましたか



いつもはさくっと行動する派の私たちも、

連休中はハナの体調不良とか暑さで、なんかぐうたらしちゃいました 

日本人て何もしないことを楽しむ、っていうのが下手だなー、といつも思います

欧米人を見ていると、人が集まれば初対面であれよくもまあというくらい喋るし

ただ一日公園で過ごして自然を楽しんだり

海辺に本を持ち込んで寝転んで何もしないとか

本当にイベントなんてなくても目的なんてなくても

遊び方をよく分かっているなー、って思います





ジュリア・ロバーツ主演の『EAT PRAY LOVE』(邦題『食べて祈って恋をして』)を見た


   


ジュリアロバーツふんする主人公のリズがNYでの安定した結婚生活に見切りをつけて

単身イタリア、インド、バリに行って自分探しをするという、いかにも女性向けの作品

映画ツウの人をうならせる映画ではないかもしれないけど

バリが大好きな私は映像を楽しんだ

ジュリア本当に3人の子のお母さんなのか〜というくらいきれいだった

年齢に反比例して不気味に若すぎるハリウッド女優たちとは違い

飾らないありのままのところが私はジュリアロバーツらしくていいな、という感想でした


ってか、いつも現実的な私なので、全然映画の感想になってないし






 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM